高齢者

母乳にたっぷり存在する乳酸菌

赤ちゃんは母乳で育てるという形が昔から当たり前になっているのですが、最近は粉ミルクが便利になっており、粉ミルクを使用している人が多くなっています。
しかし、粉ミルクで育てていると便秘になりやすいという研究結果が出ており、実際に便秘で悩まされているお母さんが多いようです。
ではどうして母乳で対応する方法と粉ミルクで育てる方法では便秘の状態に違いがあるのかという事になります。

それは母乳には粉ミルク以上に豊富な乳酸菌を含んでいるからであり、母乳から沢山の乳酸菌を取り入れていく事で便秘にならない状況を作る事ができるようになっているんですね。
粉ミルクは母乳に合わせて栄養成分を配合してありますが、母乳は赤ちゃんに必要とする成分を豊富に含んでいるので、完全に母乳に近い粉ミルクを作る事は難しいようです。
母乳は外で赤ちゃんが欲しがった場合は凄く恥ずかしいかもしれませんが、今はマタニティという赤ちゃんを育てるお母さんの視点で作成してある服装もあるので、その服装を活用してできるだけ母乳で赤ちゃんを育てる事をお勧めします。

便秘は赤ちゃんもきついし苦しい状態なので、乳酸菌を豊富に含む母乳をしっかりあたえて、便秘にならない環境を赤ちゃんに作ってあげましょう。