高齢者

乳酸菌にはどんな種類が存在するの?

乳酸菌には32種類もの種類が存在しているのですが、その種類は効果ごとに分けられています。
よく乳酸菌配合の食品やサプリメントを購入する際に○○乳酸菌配合と記載してあるのは、目的に合わせて乳酸菌を使い分けてあるからとされています。
32種類もの乳酸菌で一般的な物としてヤクルト菌やビフィズス菌やラブレ菌やクレモリス菌が挙げられます。

ヤクルト菌は毎日飲んでいる方が多いヤクルトに含まれている菌で、高いプロバイオティクス効果を含んでいる物になります。
ビフィズス菌は整腸作用の他にも花粉症を防止する役目も出してくれるという事で注目されている菌になります。
ラブレ菌は悪玉菌を減少させて便通を快適にしてくれる他にがんやエイズを予防する役目もあるとされています。
クレモリス菌はヨーグルトよりも酸味をおさえてあり、摂取いしやすい環境を提供してくれます。

それぞれの菌に特徴があり、残りは後28種類あるのですが、自分が欲しいという効果を狙って対応する事で、より効果を出す事ができるようになっています。
何気なくこの菌が配合されているから身体に良いという事で購入されていたと思うのですが、その菌の詳細をしっかりと把握する事で効果を十分に発揮できるんですね。