高齢者

インフルエンザに乳酸菌は立ち向かう

インフルエンザは毎年冬あたりを目処に発生する症状で、かかってしまうと高熱や倦怠感等非常に辛い状態になります。
そんなインフルエンザの症状が赤ちゃんやお年寄りに出てしまうと大変な事になるくらい深刻な症状とされています。
予防としてはマスクとうがいと手洗いが一般的で、徹底する事でインフルエンザを予防できるとされています。

しかし、実際に体内に入ってしまったインフルエンザの菌はどのように対応していけばいいのでしょうか?
体内に入ってしまってはマスクとうがいと手洗いでは対応できない状態になり、インフルエンザの菌が体内で大暴れしてしまいます。
そこで、体内に入った場合でもしっかり対応出来るように免疫力を上げる方法が注目されています。

それは乳酸菌で、その中でもR-1乳酸菌と呼ばれるもので、この乳酸菌を摂る事でインフルエンザが激減したとされています。
R-1乳酸菌には免疫力を高める働きがあり、マスクとうがいと手洗い対応をしても対応しきれなかったインフルエンザの菌が体内に入って来た時に、退治してくれる対応をしてくれます。
つまりインフルエンザに立ち向かってくれる対応をしてくれます。

マスクとうがいと手洗い対応とR-1乳酸菌を全て対応する事でよりインフルエンザ対応が出来るようになります。
乳酸菌の効果が出る期間についても参考にご覧ください。