高齢者

乳酸菌は高齢者にこそ必要な成分

年を重ねて高齢者になると便秘になる人が増えてくるとされており、その原因は腸内の乳酸菌量が減って、悪玉菌が増えて善玉菌が減少する事とされています。
ではどうして年を重ねると腸内の乳酸菌の量が減ってしまうかというと、運動量が減る事が一番の理由とされています。
体を動かさないので、空腹や喉が渇くといった状態が起きにくく、そもそもの乳酸菌を含んでいる食べ物や飲み物を摂取しようとしない環境を作ってしまいます。

そのため体内に乳酸菌を摂り入れる頻度が少なくなり、極端に乳酸菌がなくなるという環境を作ってしまいがちになります。
そして乳酸菌の量が減ると悪玉菌が増えて、善玉菌が増えるので、腸の最も怖い症状である大腸ガンを引き起こしてしまう原因を作ってしまいます。
高齢者になると大腸がんの心配が高くなるのは、このように乳酸菌が極端に減ってしまう事にあるんですね。

このように高齢者になると腸内の環境が悪くなる方がほとんどなので、高齢者には特に乳酸菌を摂っていくという対応が必要になります。
年をとっても健康的な生活を送っていきたいと思っている方は、乳酸菌を摂って、毎日健康的な生活を送れるようにしましょう。
そうする事で、腸内の健康をいつまでも維持できるようになります。
また、乳酸菌サプリメントは手軽でおすすめです。