高齢者

疲れと風邪には乳酸菌で対応しよう

毎日を生活していると、少し無理してしまう時があり、その後に高い確率で疲れが溜まって結果的に風邪をひいてしまうという状況を引き起こしてしまいます。
ではなぜ、私達は疲れると風邪を引きやすくなるのかという事になるのですが、それは疲れると免疫力が大幅に低下してしまうからとされています。
免疫力は外部から入ってくるウィルスや病原体を退治してくれる防御の役割をしてくれるのですが、疲れるとこの機能が大幅に低下してしまいます。

免疫力が低下してしまうと体が無防備な状態になるので、ウィルスによって風邪を引き起こすという状況を作ってしまうんですね。
でも無理をするなというのが無理な現代ではどうしようもない事で、対策としてはしっかり寝て、しっかり栄養を摂るしかないと考える方が多くいるんですね。
ですが、免疫力を高める役割として乳酸菌が注目されています。

乳酸菌は腸内の環境を整えてくれる役目と共に、免疫力を高めてくれる役割もしてくれるので、疲れで低下した免疫力を回復または向上させる役割を果たしてくれます。
労働時間が多く睡眠時間が少ないという方は、乳酸菌を摂るだけでも疲れや風邪の防止対策が出来るので活用していきましょう。